福島稲荷神社

お守り

ホーム > お守り

神棚(宮型)のご案内

新宅祭や転宅祭などを機に、大神様のお住まいであるお宮も一新されてはいかがでしょうか?

また、今まで神棚のなかったご家庭でも、これを良き節目として、檜の香りも清々しい一生ものの神棚をお祀りしませんか。

ぜひ、ご家庭や会社に「祈りの場」を設け、日々の暮らしの「感謝」を捧げましょう。

当社では、ご希望により神棚のお取り寄せを致しております。

お祀りするにあたって
〇明るくて清らかな場所で、目の高さより少し上にお祀りします。
〇お神札の正面が南か東を向くのが一般的ですが、家の間取りによってはお祀りするのに
相応しい場所であれば良いでしょう。
〇お神札は、毎年年末には地元の神社に納め、新しいお神札をお飾りしお正月を迎えます。
〇棚に設置する場合、手前に米、酒、塩、水などをお供えするため、奥行きに15cm程度、
また、左右に20cm程度づつのスペースをみられると良いでしょう。

 

茅葺き・板葺き神棚

 

 

 

 

 

 

 屋根違い三社


 

 

 

 

 

 

神棚のサイズ一覧 (お取り寄せ納期:在庫がある場合、通常1週間程度です)

◆茅葺き神棚(小)
外寸:幅49.0㎝ ×高さ45.5㎝ ×奥行き31.0㎝

◆茅葺き神棚(中)
外寸:幅57.5㎝ ×高さ51.5㎝ ×奥行き37.5㎝

◆茅葺き神棚(大)
外寸:幅68.0㎝ ×高さ57.5㎝ ×奥行き39.5㎝

◆板葺き神棚(中)
外寸:幅46.0㎝ ×高さ44.0㎝ ×奥行き20.0㎝

◆板葺き神棚(大)
外寸:幅55.5㎝ ×高さ49.0㎝ ×奥行き25.0㎝

◆屋根違い三社 超低床 聖 金具
外寸:幅60.5㎝ ×高さ31.2㎝ ×奥行き16.6㎝

◆屋根違い三社 中 本金具
外寸:幅64.0㎝ ×高さ48.0㎝ ×奥行き25.0㎝

 

神具セット (ご希望により、神棚と併せてご注文頂けます)

 

 

 

 

納期・価格・その他ご不明な点は、社務所までお問い合わせ下さい。

競馬勝ち守り


カーソルをのせると裏面の画像に替わります

福島市における競馬の歴史は古く、神社への奉納競馬に端を発し、90年の伝統があります。福島市は全国に名立たる馬の産地であったことから、馬の改良を促すために競べ馬が行なわれて来たのです。また絵馬のいわれからもうかがわれるように、神社と馬は深い関わりがあります。現在でも福島競馬開催前には、人馬の無事故と競馬開催中の安全を祈願して馬場浄めの神事が欠かさず行われています。

さて、福島市の総鎮守、陰陽師安倍晴明により創建された一千年を越える歴史を持つ福島稲荷神社には全国でも珍しい「競馬勝守り」があり、競馬ファンの必携として全国的にも大変人気があります。

この全国でも珍しい「競馬勝守り」が誕生したのは、平成9年、福島競馬場のスタンド、馬場の全面改装工事が行われ、装いを一新した時のことでした。福島市は伝統的に競馬が盛んでJRA日本中央競馬会直轄の競馬場があり、福島で仕事をする営業マンは、競馬を知らないと仕事にならないともいわれる土地柄です。しかし一方では競馬といえばギャンブル、賭け事といったイメージが根強くあることも事実です。しかし見違える変貌を遂げた施設を目の当たりにするにつけ、また昨今の女性の競馬ファン急増とも相まって、今や競馬をマイナスイメージだけでとらえる時代は終わったと感じたものです。福島にとってこの立派な福島競馬場は財産であり、このまちは競馬とともに共存してきたまちなのです。地域の人々に愛着と誇りを与えるこの競馬場に魂を吹き込むのはあとは神様のお力をお借りすることでした。競馬ファンなら一目で分かる名馬の誉れも高いトーカイテイオー、ナリタブライアン、ビワハヤヒデの三頭を選び、コンピューターグラフィックスを駆使してこれら歴代名馬の勇姿と最新のスタンドのデザインを西陣織で再現し、その御守りをカード型のケースに封入し、更に馬券を収納できる透明ポケットをつけたこの競馬勝守りは、細部にまでこだわりをもたせた御守りとして世に出たのです。競馬勝守りは、地域に根差した御守り、この土地ならではの御守りとして、口コミからじわじわと広がり、更にマスコミが取り上げるにいたって今や福島競馬のおみやげには欠かせぬものとなりました。その後、日本中央競馬会とのコラボレーションにより、馬単、三連複馬券の新規発売に合わせて2作目、更に三連単馬券の発売に合わせて3作目の競馬勝守りが世に出ました。(現在は5種類)

福島だけにしかないお守り、創作御守りが広く話題になることは、すなわち神様のご存在と御利益を人々に意識して頂くことであり、そのことにより、地元の人々には地域への誇りと愛着を深めてもらい、更には福島を訪れる多くの競馬ファンや観光客には、福島の歴史と良さを認識していただくこととなりました。この小さな御守りは福島の親善大使としての大きな働きを担っているのです。

桃守り

福島市は果樹の里として全国に知られ、中でも桃はそのイメージリーダー的存在です。ミスピーチが首相官邸に桃を届けるなど、桃は本市観光物産振興の重要なキャラクターとして位置づけられてきました。地元ではありふれたこの桃に実は大変な御利益が隠されていたのです。古事記の黄泉国の段にその由来があります。見てはならない妻の変わり果てた姿を見てしまったイザナギノミコトが、黄泉醜女らに追われて命からがら黄泉国を脱出するときに、黄泉比良坂にゆさゆさと実をつけている一本の桃の木が目に入りました。イザナギノミコトはこの桃の実を3つ取り、追っ手めがけて投げつけたところ、ついに追っ手は退散してしまい九死に一生を得ました。イザナギノミコトはたいそう喜び、末長く世の人々の悩み苦しみを助けてくれるようにと桃の実に神の名を与えました、との神話です。桃といえば古来ひなまつりにも魔よけとして欠かせぬように、我が国では神話の昔から親しまれ珍重されてきた果物です。更には桃太郎伝説に見られるような子宝の御利益も伝えられています。こうした御利益に新たに現代的な御利益を二つ加えました。一つは果樹の豊作、もう一つはみずみずしい桃(ピーチ)にあやかって、女性がいつまでもピーチ、ピチと若さと美しさを保てるようにとの御利益です。

福島稲荷神社
福島稲荷神社
〒960-8106 福島市宮町1番29号

TEL024-522-2702受付 9:00~17:00

FAX024-522-8708

QRコード